(↑伊豆の踊り子の像デス)     ボストンテリアのアビ(2007年2月9日生まれの♀♪)を中心に、仲良く・アクティブな・楽しい日々について記しています(^^)v


by maki11119086
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:山歩き ( 4 ) タグの人気記事

金曜日はお天気も悪くて雨も降って…だったけど、土曜日はすっきり澄んだ青空!
まさに秋の空!

ということで伊吹山登山に行ってきました!

朝7時すぎ:自宅出発。
8時30分頃:伊吹山ふもとに到着。

三之宮神社の裏手が登山口。
d0179352_15395564.jpg

登山者用の駐車場は…近辺の住宅の庭先や駐車場!
近所に住むおっちゃんたちが駐車場勧誘に朝から何人か立ってました。
神社のすぐ近くだと1日1000円らしいのですが、ちょっと離れたところ(といっても徒歩2~3分)だと500円。
我が家はもちろん500円を選択。おっちゃんちの玄関先に停めさせてもらって。

8時45分:頂上目指していざ出発!我が家の隊長アビさんも張り切ってます。
d0179352_15394078.jpg


1合目までは樹木で日陰で涼しくて。
登山道は岩がごろごろ。アビ隊長は岩場大好きなんで、得意気に進んでいきます。
d0179352_15432893.jpg


1合目を超えるとお日様をさえぎる高い樹木はないので、日光直撃。
風もあって涼しかったけど、登り始めると汗が流れまくります。
d0179352_1546375.jpg


それにしても…5合目までが長かった!(ちなみに4合目と9合目の看板は見当たらず)
距離も長いんですよね、5合目まで。
5合目以降は傾斜も急になって確かにきつくなるけど、頂上までそんな辛くなかったです。

d0179352_15492886.jpg

辛かった5合目までの道も、いっぱいのススキに癒されました。
d0179352_1550368.jpg


5合目到着!登り始めて1時間30分くらい。
d0179352_15524953.jpg

d0179352_15544571.jpg

テッペンは見えてます、小休憩したらいざっ!

他の登山者さんたちに
「わんちゃんも!?すごいね~」
「お前も連れてこられちゃったのかあ、大変だなあ~」(笑)
(確かに我が家に来なければ、こんな必死な思いはしなくて済んだんでしょうね…でもアビ隊長、山好きだもーん!)
なーんて声をかけてもらって。
お日様直撃で御在所岳(→御在所岳登山の日記)のときよりちょっとお疲れ気味なアビ隊長ですが、頑張ります。
d0179352_1611474.jpg

琵琶湖もきれいに見えます。
d0179352_1614042.jpg


そして登り始めて2時間45分。
標高1377m伊吹山 山頂到着です!!
d0179352_1633662.jpg


天気もいいし、眺めもよし!
d0179352_1643030.jpg

山頂ではランチタイム。
もちろん…カップラーメン!山で食べるカップラーメン、あったまるし格別!
そしてそのあとのインスタントコーヒー。インスタントなのに最高!

おなかも満たされて、山頂散策したあとはいざ下界へ!
下りは2時間、意外と早かったけど…でもやっぱり5合目からが長かった~!
でもススキにまた癒され。
d0179352_1682217.jpg
d0179352_1685416.jpg


草むら大好きなアビ隊長は草むらに入って無駄に労力を使い(笑)
d0179352_16945100.jpg


車に乗ると一瞬で落ちましたzzz
d0179352_16104482.jpg

頑張ったね、アビ隊長☆


帰り道、謎の光を発見!
d0179352_161655100.jpg

高速からでうまく撮れなかったけど。
「あいち トリエンナーレ」の作品だそう。名古屋城から空高く高く発している光。
ほんとに空の上の上まで光が届いていて、幻想的でした。 


さてアビ隊長、次はどこに登ろうか?
[PR]
by maki11119086 | 2010-09-26 16:14 | アウトドア
15日の日曜日に御在所岳登山へ行ってまいりました!
前にもwithアビで登ったことがあるのですが、今回は違うルートで行ってきました。

色々な登山道がありますが、わんこ連れなら「裏登山道」が一番いい感じです。
前回は「裏登山道」で頂上まで登って、帰りに「中登山道」で下ってきたんですが。
今回はその逆でトライ!


この時期なだけあって、4時起き・5時発、6時登山開始です。
それでも気温は27度はあり、これでもかってくらい汗かきました。

鈴鹿スカイラインを行けるところまで行って。
車を停めて。
d0179352_17375949.jpg

れっつらごーです!

山登りになるとモーレツに張り切る、我が家のアビ隊長。
先頭きって登っていきます。
d0179352_17394056.jpg

(ぶれてますが、得意げに私たちを見下ろして待ってます)

d0179352_17404254.jpg

こんな斜面もなんのその。普段はビビリなアビですが、登山のときはたくましく見えますemoticon-0165-muscle.gif

4合目、おばれ石。おっきな岩がお互いに支えあってます。
d0179352_17435845.jpg
d0179352_1744845.jpg

d0179352_17444892.jpg


5合目。かなりもやってて、景色は残念ながら楽しめず。。。
ほんとならロープウェーがいい感じに見えます。
d0179352_174624.jpg


地蔵岩。
お地蔵さんみたいだから?
d0179352_17473348.jpg


6合目。キレット。岩場です。ここはさすがにアビは一人で進めないので、ちょこっとお手伝い。
でも攻める気満々!
d0179352_17492021.jpg


↓行きはここを降りていかなければなりません。結構険しいでしょ?
d0179352_17503233.jpg

(前回、帰りにこの道を通ったときは、岩場を登っていくことになるので、アビは軽々と登って行きました。他の登山者さんから歓声があがり、ちょっと得意げになった飼い主(笑))

登山中はアビの身体能力に驚かされることが多いです。
↓こんなはしごもひょいひょい登っちゃって、びっくり!
d0179352_17531317.jpg


7合目、8合目と順調に登って、9合目到達!
かなりもやもやです。。。
d0179352_17542658.jpg


そして来ました、頂上!
d0179352_17553710.jpg
d0179352_1756144.jpg

「どうだ!」って顔がまたかわゆいemoticon-0152-heart.gif

人間たちはコーヒータイム、アビはおやつタイムでちょっと休憩して。
頑張って下っていきます!!
帰りの「裏登山道」は数年前の豪雨の爪あとがまだ残っています。
d0179352_1759074.jpg

d0179352_17592370.jpg
d0179352_17594842.jpg


さすがにアビ隊長にも疲れが見え始め。先頭きって歩かなくなりました(^^;
d0179352_1805798.jpg


よって、こうなりました(笑)↓
d0179352_1812576.jpg


そしてうちに帰ってきて激しく爆睡。ホラーです。emoticon-0147-emo.gif
d0179352_183758.jpg


それにしても、裏登山道と中登山道の連絡道があるんですが、これがかなりきつかった!
ここを通るなら、車道まで下ってしまって、車道歩いたほうがよかった…と旦那ちゃんと後悔しましたemoticon-0141-whew.gif

かなりもやってたのが残念だったけど、楽しかったあ!
[PR]
by maki11119086 | 2010-08-18 18:06 | アウトドア
先日、朝4時起き、5時出発で猿投山登山に行ってきました!
暑くなる前に、って頑張って起きました。

眠かったけど、早朝の空気っていいもんですね。
って思ってたら、やっぱりこの看板↓
d0179352_1841480.jpg

やっぱりちょっとびびりますよね。

d0179352_185417.jpg
d0179352_186091.jpg


早朝、とはいえ結構山歩きに来てる人、そしてトレイルランナーがいました。
d0179352_1875741.jpg

↑赤い水車が。
d0179352_1884267.jpg

↑途中でちょっと休憩。。。得意の横すわり。


d0179352_18102257.jpg

↑こんな道や、
d0179352_18103894.jpg

↑こんな道を進むと、
d0179352_189561.jpg

↑頂上!

d0179352_18122289.jpg

「疲れた~」ちょっとぶれてますます変顔。。。

d0179352_18125096.jpg

↑かえる石、だそうです。目はいつからか落書きされてできちゃったらしいデス。


汗はたくさんかいたけど、朝だったのと木陰もいい感じで楽しく山歩きできました☆
[PR]
by maki11119086 | 2010-08-03 18:15 | アウトドア

野麦峠で。

先週の3連休にキャンプに行ってきましたが。
2泊3日だし、2日目に山歩きしよう!ってことで、本で調べた結果。。。
キャンプ場から車で1時間くらいで行ける「野麦峠」に行ってきました

昔の人って出稼ぎのためにこんなにきついところを歩いて移動していったんだなあ、と思いつつ。
私たちも頑張ろう~と意気込んでいきました。
もちろん隊長は、我が家の番犬もどき、アビ隊長!
日差しも強くて、山とはいえやっぱり暑かったけど川もあって日陰は涼しいかったデス。

本の通りに行ったけど、入り口がわかりづらく「ここかなあ?」と言いながら山歩きスタート。
暑いせいか、地元の人2人にあった程度。
歩いてると蜘蛛の巣にかかりまくるし…
私たちより先に歩いていった人はいないのかなあ??なんて思いつつ。
若干の不安が。

横に流れてる川は水はとってもきれいだけど、連日の豪雨の影響か、ものすごい勢いで流れてるし。
しかもしばらく歩いていると…
d0179352_1518216.jpg

はい。土砂崩れ!
横に流れてる川に土砂が崩れて流れ落ちてるっ!!
道は土砂でさえぎられて、しかも沼みたく足は埋まっていくし、もう泥だらけ。
それほど地盤が緩んでるんだなあ、と肌で感じました。
この先、歩いてたら「突然の土砂崩れ!」なんてこと、ありませんよーに…と思いつつ。
(本来なら、土砂崩れの前で引き返すべきだったのかしらね)

でも我が家の隊長土砂崩れの沼も臆せず、どんどん歩き進めて…
名誉の泥まみれ!
d0179352_15184560.jpg

白い部分はがほとんど泥で茶色になってる(^^;

そんなこんなで小一時間ほど歩いたでしょうか…
旦那ちゃんは「大丈夫だよー」なんて言ってたけど、でも道しるべの看板がひとっつも出てこない。
「やっぱおかしくない?!」と地図を見てみるとやっぱりおかしい。。。

旦那ちゃんも「おや?」と思ったようで携帯のGPS起動!
「やっぱ違うわ…。」と判明。
そりゃ、他の登山客にも会わないはずだし、蜘蛛の巣も張りまくってるわねえ。

どうやら入り口から間違っていたようで。
危うくプチ遭難するところでした
熊にもあわなくてよかった…


結局来た道を戻って、再度泥まみれになり、アビ隊長の体を川の流れで落として

車で野麦峠まで行きました。

自然って癒されるけど、恐ろしいくらいパワーもあるし、注意も必要だと思い知らされました。
[PR]
by maki11119086 | 2010-07-25 15:20 | アウトドア